南知多ゲストハウス『ほどほど』の程々な日々: 2月 2017

2017/02/14

ふぐの季節ですよ〜!

ポチッと応援してくださると宿主が喜びマス。

「ほどほど」美味いもの担当の女将です<(_ _)>
南知多の冬の到来とともに、皆が食べたくなるもの・・・。


それは「ふぐ」ですっ!!!!
(ちなみに、写真は師崎のゆるきゃら「ふぐ吉」

ガッツリ食べたいあなたは、旅館さんや民宿さんのコース料理が
おすすめですが、もう少し手軽にふぐ料理を味わいたいアナタには
ズバリ!こちらがオススメ。

ほどほどから徒歩8分のところにある「市場食堂」さんです。 


「市場食堂」さんは豊浜漁協が運営している「魚ひろば」の中にあります。
さっそく中を覗いてみましょう。


月曜にも関わらず、お魚を買い求めるお客さんが大勢いらっしゃいました。
今回ランチ目的のほどほど夫妻はそのまま食堂へ直行!


そして、迷わず今回の主目的「ふぐ定食」を注文です。
(これまた、迷わず+1000円で焼白子付っ!!!笑)


ちなみにふぐは定食だけでなく、単品メニューもあるので、
『海鮮丼+てっさ』なんて組み合わせもアリですね(*^_^*)


まずやって来たのは「てっさ」「てっぴ」「煮ふぐ」😋
コリコリのてっさ♪プルプルのてっぴ♪
甘辛いふぐの煮つけの白米に合うこと・・・😢


続いて「焼きふぐ」ちゃん♪レモンを絞ってさっぱりと。
女将嬉しすぎてデレデレです。

そしてキター!!!
ふぐ好きにとってはたまらなーい「焼き白子」ちゃん♪
とろーり、濃厚なお味に「ヒレ酒おねがいしまーす!」
・・・と叫びたいところでしたが、
午後から用事が控えていたのでぐっーとガマン( ;∀;)


ちなみに「ふぐひれ」は販売用もありました。
お酒好きな方へのお土産(もちろん自分用にも)にもイイですね。

ちなみに、「ほどほど」には“とある筋”からふぐヒレの頂き物が
ございますので、日本酒さえご自身で持ってきてくだされば
(ひれのストックがある限り)
ひれ酒をセルフサービスでお愉しみ頂けます
(ただし、その際は女将にも味見させてね~笑。)


ちなみに、さほど「ふぐ」に特別な思い入れがない宿主が食したのは
「日替わり定食」¥1200でした。
え?夫婦間で値段格差がありすぎる?
ま、そこには敢えて触れないということで・・・(^^ゞ

そんなこんなで、格差はあれど(!?)
お味には大満足で市場食堂を後にした
ある日の「ほどほど」夫妻でございました。


【市場食堂(豊浜魚ひろば内)】火曜定休
平日9:30-15:30、土日祝8:30-16:30
https://tabelog.com/aichi/A2304/A230403/23008361/

感謝!コスギナナ

2017/02/10

青春18きっぷで「ほどほど」に行こう! 2017春編

ポチッと応援してくださると宿主が喜びマス。

青春18きっぷ2017年春シーズンがやって来ます!
普通列車を1日乗り放題で2370円×5日分がセットのお馴染みのきっぷです。

2017年は
【春季】 発売期間:2月20日-3月31日 利用期間:3月1日-4月10日
【夏季】 発売期間:7月1日-8月31日 利用期間:7月20日-9月10日
【冬季】 発売期間:12月1日-12月31日 利用期間:12月10日-2018年1月10日

青春18きっぷで南知多は遠いな~と思っているアナタ。
青春18きっぷ+600円(約60分)
 で簡単に行けるんです!その方法をお教えします~

知多半島の中間地点にJR武豊駅があります。
東海道線の大府駅から武豊線に乗り換えた終点駅です。
最寄り駅から武豊駅までのアクセスはyahoo!路線図で調べてくださいネ。

武豊線には途中、
日本最古の現役駅舎 
と言われている亀崎駅や、

日本最古の現役跨線橋
がある半田駅を通って終点まで行きます。

武豊線はそもそも、東海道線を建設するための資材を知多半島の武豊港から運ぶために建設された路線ですので、東海道線が出来る以前の1886年(明治19年)に開業した、日本でも屈指の歴史ある路線です。全線で19.3kmと短い路線ですが、鉄ちゃんには見所がたくさんあるんですヨ。(鉄ちゃんの宿主コラム)


JR武豊駅に到着~♪


JR武豊駅から名鉄・知多武豊駅までは徒歩10~15分で乗換えできます。
東京駅や名古屋駅のような大きな駅での乗り換え時間と一緒ですね。

【2016年新情報!】
更に寄り道できる方には、2016年にオープンしたまちの駅 味の蔵たけとよ煎売喫茶 治郎兵衛さんや転車台を見ることが出来ます。詳しいルートや内容はこちらのブログを見て下さいね!


しかも、この徒歩が楽しい!写真を交えてご説明します。(*^-^*)
駅から正面を道なりにまっすぐ歩きます。
途中で道なりに右に曲がります。

すると、道の両脇に「みゆき通り商店街」が現れます。
更に道なりにまっすぐ歩きます。
昭和な雰囲気が漂うステキな商店街ですので楽しんでくださいね。

道の左手にぎゃらりぃ夢の蔵さんが現れます。
武豊町の作られた豆味噌やもろみ醤油などが展示・紹介されています。
手作りパンやちょっとしたカフェも付いています。

ちょっと休憩を取るのにはピッタリですね!
8:30~17:00営業(月・第1,3,5日曜定休)です。

そして更に道なりにまっすぐ歩きます。
すると現れる名鉄の踏み切りを左に曲がります。

名鉄・知多武豊駅に到着!!
この間わずか10~15分です。


名鉄・知多武豊駅からゲストハウスほどほどまでは、河和行き特急(1時間に1本)、または内海行き特急(1時間に1本)に乗って頂くと、各終点の駅で町営海っ子バスが接続しています。
河和、内海両方合わせると約30分間隔、乗換えを含む所要時間約40~60分、運賃合計600~680円で「ほどほど」まで到着です!
詳しく見て行きましょう。

【河和駅経由】
知多武豊駅→(名鉄)→河和駅→(海っ子バス)→高浜バス停
名鉄300円(所要10分)+バス300円(所要26~31分)=600円


【内海駅経由】
知多武豊駅→(名鉄)→内海駅→(海っ子バス)→高浜バス停
名鉄520円(所要19分)+バス160円(所要20~25分)=680円

※宿主製作の名鉄⇔海っ子バス乗り換え時刻表を 
ダウンロードしてください。便利です。


※内海駅経由ですとバスが海岸線沿いを走るので車窓がオススメです。ただ、内海駅は駅前に何もありません。河和駅は駅ビルにスーパーや書店があり、特急以外の列車に乗った場合の乗換え時間を有効に使えます。
※お急ぎの場合は武豊線経由ではなく、金山駅・名古屋駅でJR-名鉄に乗り換えることをオススメします。 伊勢・大阪方面は武豊駅経由より1時間程度目的地に早く着く事ができます。

という訳で、JR武豊駅から約60分で南知多に到着です。
南知多まで青春18きっぷでふらっと遊びに来ませんか~?

感謝!コスギマサユキ